鬼の霍乱 おにのかくらん

ふだん丈夫で、病気などしない人が珍しく病気になること。

鬼の霍乱の由来・語源

「鬼」は強くて、丈夫な者の象徴。「霍乱」は漢方の用語で、日射病や夏に激しい下痢を起こす急性の病気のこと。つまり、鬼が病気になるれば誰でもびっくりするところから、いつも丈夫で健康な人が病気になったときに使われるようになった。

鬼の霍乱に関連する言葉

カテゴリ:人間