青梗菜 ちんげんさい

アブラナ科の野菜。葉は緑色、肉厚な軸の部分は淡緑色をしており、やわらかく歯切れが良い。あくが無く、煮崩れないため、炒め物のほかに、スープや煮込み料理によく用いられる。

青梗菜の由来・語源

「梗」は茎や軸の意味で、茎が青々とした緑色をしているところから「青梗菜」と名付けられた。
白い色をしたものはパクチョイ(白梗菜)と呼ばれる。
カテゴリ:自然