遊山 ゆさん

行楽など、野山に遊びに出かけること。あちこち見物しながら遊びまわることを「物見(ものみ)遊山」という。

遊山の由来・語源

本来は仏教語で、禅僧が修行を終え、諸国を遊歴することをいった。
これがのちに、山野の美しい景色を楽しんで、くもりのない心境をいうようになり、さらに一般にも広まって、現在のような意味で用いられるようになった。

遊山に関連する言葉

カテゴリ:文化