象牙の塔 ぞうげのとう

俗世間を離れて、静かに芸術を楽しむ境地。また、学者の実社会とは没交渉の現実離れした学究生活、および大学の研究室のこと。

象牙の塔の由来・語源

フランス語「la tour d'ivoire」の訳語。
フランスの批評家サント・ブーブがロマン派の現実逃避的な創作態度を批判した言葉。
日本では、1920年(大正九年)に出版された厨川白村(くりやがわはくそん)の著書『象牙の塔を出て』によって、一般に広まった。
カテゴリ:文化