背水の陣 はいすいのじん

もうこれ以上一歩も退くことのできない絶体絶命の立場。または、失敗の許されない中で、全力を尽くすことのたとえ。一般に、「背水の陣を敷く」という形で使われる。

背水の陣の由来・語源

出典は、中国の『史記』の故事に基づく。
漢の名将韓信(かんしん)が趙 (ちょう) の軍と戦ったときに、わざと川を背にして陣をとり、味方に退却できないという決死の覚悟をさせ、敵を破った。この陣立ては、韓信がはじめて用いた戦法といわれる。

背水の陣に関連する言葉

カテゴリ:社会