老舗 しにせ

伝統・格式があり、客の信頼があつい店。

老舗の由来・語源

語源は「仕似(しに)せる」で、似せてするという意味。江戸時代に、先祖代々の家業を絶やさず守り続ける意味となり、さらに、長い間家業を続けて資産を築き、客の信頼も得るという意味に用いられるようになった。
これの名詞形で「しにせ」となり、同じ意味の感じ「老舗(ろうほ)」を当てるようになった。
カテゴリ:社会