継ぎ接ぎ つぎはぎ

継いだりはいだりすること。特に、衣服につぎをあてること。また、寄せ集めであること。

継ぎ接ぎの由来・語源

動詞「継ぐ」と「接ぐ」の連用形を一つに合わせた語。
「継ぎ」は切れ目をつなぐ意、「接ぎ」は2つのものを接着させる意を表す。そこから、衣服の傷んだ部分に継ぎをあてたり、他人の文章を寄せ集めてつなぎ合わせたりすることのたとえに用いられるようになった。
カテゴリ:様相