筑前煮 ちくぜんに

鶏肉、ゴボウ、人参、レンコン、こんにゃくなどを油で炒め、甘辛く似た料理。

筑前煮の由来・語源

「筑前」とは旧国名で、現在の福岡県北西部に当たる。この地方で作られたことから付いた名で、鶏肉を炒めることから、「炒りどり」ともいう。
筑前地方では「がめ煮」ともいうが、これは豊臣秀吉が朝鮮出兵のさい、ガメ(スッポン)を入れたことにちなむもの。一説には、「がめくりこんで煮る(寄せ集めで煮る)」ことからともいう。

筑前煮に関連する言葉

カテゴリ:食べ物