端午の節句

【読み方】たんごのせっく

端午の節句の意味

五月五日の、男児の成長を祝う日。

端午の節句の由来・語源

「端」は初めの意味で、本来「端午」は月の初めのうまの日を指すが、「午」が「五」に通じることから、五月五日をいうようになった。
もとは中国の行事で、戦国時代の楚の王族で、失脚して投身自殺した屈原くつげんを五月上旬の日に弔ったのが起源とされる。
カテゴリ:行事・風習

端午の節句に関連する言葉