立ち往生 たちおうじょう

立ったまま何もすることができないこと。また、また、行き詰まって動きがとれない様子。

立ち往生の由来・語源

もとは、立ったまま死ぬという意味だった。
武蔵坊弁慶が奥州に逃れた義経に従い、衣川(ころもがわ)の戦いで全身に矢を受けながらも追っ手の前に立ちはだかって討ち死にした、「弁慶の立ち往生」はよく知られ、ここから、進退きわまる意味に用いられるようになった。

立ち往生に関連する言葉

カテゴリ:文化