矢も楯もたまらず やもたてもたまらず

気持ちをどうしても抑えきれない、じっと我慢していることができないさま。

矢も楯もたまらずの由来・語源

もとは、矢で攻めても、楯で防いでも、敵の攻撃の勢いを止められないという意味。どうやっても堪えることができないことから、気持ちが抑えきれないさまをたとえていう。
カテゴリ:社会