相撲 すもう

まわしをつけた二人の力士が土俵の上で争い、相手を土俵の外に出すか、足裏以外のからだを地面につけたほうが勝ちとなる競技。日本の国技とされる。

相撲の由来・語源

「すもう」は歴史的仮名遣いでは「すまふ」と書き、負けまいとして相手と張り合う意の動詞「すまふ(争ふ)」の終止・連体形の名詞化したもの。
「相撲」「角力」と書くのは、向い合って戦う意味からの当て字。
『古事記』や『日本書紀』に記述が見られるように、古くからある武技で、もとはその年の豊凶を占う神事として行われていた。

相撲に関連する言葉

カテゴリ:スポーツ