現を抜かす うつつをぬかす

ある物事に心を奪われ、夢中になって我を見失うこと。

現を抜かすの由来・語源

「うつつ」とは、現実・本心・本気のことで。意識がはっきりしている状態をいう。つまり、「うつつを抜かす」ということは意識がはっきりしていない状態であることから、ある物事に心を奪われる意味となった。
カテゴリ:様相