玉に瑕 たまにきず

完全と思われるものの中にある、ごくわずかな欠点。「玉に傷」と書くのは誤り。

玉に瑕の由来・語源

「玉」は宝石、「瑕」は玉の表面についたきずのことで、過失や欠陥という意味もある。
美しい宝石(玉)にほんの少しだけきずがあるという意から、転じて、それさえなければ完全であるのに、ほんのわずかな欠点があることをいう。中国の『論衡(ろんこう)』『淮南子(えなんじ)』などにある言葉。

玉に瑕に関連する言葉

カテゴリ:人間