有象無象 うぞうむぞう

種々雑多なつまらない人々。群がってくだらない連中を卑しめていう。

有象無象の由来・語源

本来は仏教語で、「有象無象」とは、宇宙に存在する有形・無形のすべてのもの、森羅万象を表す。「象」は「像」で、かたちの意。
カテゴリ:人間