心太 ところてん

テングサを煮溶かし、型に入れて冷やし固めたもの。心太突きで細く突き出し、酢醤油などをかけて食べる。

心太の由来・語源

古く奈良時代にはテングサのことを「こころぶと」といい、「心太」の字が当てられ、やがて、それで作る食品のことも呼ぶようになった。
「太」が呉音で「たい」と読まれて「こころたい」になり、「こころてい」「こころてん」、さらに「ところてん」と音変化したものとされる。
呉音 (ごおん)日本漢字音の一つ。奈良時代に遣隋使や留学僧が長安から漢音を学び持ち帰る以前にすでに日本に定着していた漢字音で、仏教関係の用語に多い。
カテゴリ:食べ物