塗炭の苦しみ とたんのくるしみ

ひどい苦しみ。大変な困難の中にあること。

塗炭の苦しみの由来・語源

「塗」は泥の水で、「炭」は火の意。すなわち、泥水にまみれて、炭火で焼かれるような、大変な苦痛ということ。
出典は、中国の『書経(しょきょう)』で、「有夏昏徳にして民塗炭に墜つ(夏の傑王は、不徳の暴君だったので、人民は泥にまみれ火に焼かれるような苦難を味わった)」という基づく。
カテゴリ:様相