レタス

キク科の一年草または二年草。野菜としてヨーロッパで古くから栽培、日本には江戸時代末期に渡来。和名はチシャ。

レタスの由来・語源

レタス(lettuce)の語源はラテン語で「牛乳」という意の語Lacであり、また、和名のチシャ(チサ)も「乳草(ちちくさ)」の略で、共にレタスを切ると乳状の液がでることに基づく呼び名。
ちなみに、レタスだけを使ったサラダを英語で「ハネムーンサラダ」と言うが、これは“lettuce alone”の発音を“let us alone(私たちだけにして)”に引っ掛けての命名。
カテゴリ:自然