シオマネキ

スナガニ科のカニ。日本では九州有明海や長崎沿岸に生息し、干潟に穴を掘ってすむ。オスは片方のはさみが甲羅と同じくらいまで大きくなるのが特徴。潮招。

シオマネキの由来・語源

オスは片方のはさみが大きく、干潮になると穴から出てきてはさみを上下に動かす様子が、潮を招くように見えるところから「シオマネキ(潮招)」と呼ばれるようになった。
カテゴリ:自然