ねぶた

東北地方の七夕行事の一つで、紙張りの扇や人形などに火を灯して屋台や車に載せ練り歩く。ねぶた祭り。弘前市では「ねぷた」と呼ばれるところが多い。

ねぶたの由来・語源

「眠い」という意味の形容詞「眠たし(ねむたし)」の語幹に由来する説が有力で、かつて地方で見られた「眠り流し」の行事が発展したものといわれる。
眠り流しの行事は、七夕に木の枝やわら人形を海や川に流すもので、秋の収穫期を前に、労働を妨げる睡魔を払う意味があったとされる。
他にも、「合歓木(ねむのき、ねぶたのき、ねぶた)」「七夕(たなばた)」「荷札(にふだ)」などに由来する説もある。
カテゴリ:行事・風習