つみれ

鶏肉や豚肉、魚肉などのすり身に卵や片栗粉などを入れてすり合わせ、団子状にすくい取り、ゆでたもの。

つみれの由来・語源

ゆでるときに、手に持ったすり身のかたまりを親指と人差指の間から押し出し、少しずつ摘み取るようにして鍋に入れることから、「摘み入れる」の意で、その連用形「摘み入れ」が略されて「摘みれ(つみれ)」となった。
魚のすり身で作った物を「つみれ」、鶏や豚などのひき肉で作った物を「つくね」と分けられることもあるが、元々は調理法に違いがあり、つくねは手で捏ねて形を整えた状態のもの、つみれは手やスプーンなどでつまみとった状態ものをいう。

つみれに関連する言葉

カテゴリ:食べ物