お墨付き おすみつき

権威者の承諾や保証のこと、またはそれを記した文書のこと。

お墨付きの由来・語源

もとは、室町時代に将軍や大名が臣下に与えた領地安堵の保証書のことで、墨で署名と花押(かおう)を書いたことから「お墨付き」という。花押は名前を図案化したもので、書き判ともいう。今でいうサイン。

お墨付きに関連する言葉

カテゴリ:社会