鵜の目鷹の目 うのめたかのめ

熱心に物を探すさま。またそのときの鋭い目つきのこと。

鵜の目鷹の目の由来・語源

鵜(う)が水中で魚を、鷹(たか)が空中で獲物を狙っているときの鋭い目つきから、真剣に物を探しだそうとする目の様子をいう。
また、自分の利益になることを追求したり、他人の欠点などを異常なまでに追求したりするときの、目を配る様子にも使われる。
カテゴリ:様相