高野豆腐 こうやどうふ

豆腐を小さく切り、厳冬の屋外にさらして凍らせてから、乾燥させた食品。

高野豆腐の由来・語源

名前の由来となったのは和歌山県の高野山で多く作られたことによる。鎌倉時代、高野山では、精進料理として食べていた豆腐が、厳冬期に屋外に放置してしまったことから、偶然に製法が発見されたと言われている。
江戸時代初期には「氷豆腐」と呼ばれていたが、高野山で作られる豆腐と言うことで、いつしか「高野豆腐」と呼ばれるようになった。
保存のきく高野豆腐は精進料理には欠かせない食材として、やがて江戸時代の飢饉の頃から、次第に近畿から全国へと広がっていった。
「凍(し)み豆腐」「凍り豆腐」ともいう。
カテゴリ:食べ物