露払い つゆはらい

貴人の先に立って道を開くこと。また、その役を務める人。転じて、行列などの先導をすること。

露払いの由来・語源

相撲で、横綱の土俵入りのとき、先導として土俵に上がる力士のこと。古くは、宮中の蹴鞠(けまり)の会で、まずは鞠を蹴って周囲の木の露を払うこと、また、その役目の人のことをいった。転じて、貴人の先に立って導く人の意味となり、さらに相撲の先導役をいうようになった。

露払いに関連する言葉

カテゴリ:社会