雪平鍋 ゆきひらなべ

蓋のない中程度の深さの片手鍋。汁の注ぎ口が付いている場合が多い。煮物、茹で物、出汁を作る時など、鍋を利用する日本料理で使用される事が多い一種の万能鍋。行平鍋とも。

雪平鍋の由来・語源

平安時代の歌人、在原業平(ありわらのなりひら)の兄である行平(ゆきひら)が、須磨で海女に海水を汲ませて塩を焼いたという故事にちなんでの名で、もとは塩を焼くのに用いた。

雪平鍋に関連する言葉

カテゴリ:生活