鏡開き かがみびらき

正月に神仏に供えた鏡餅を割って汁粉・雑煮などで食べること。鏡割り。

鏡開きの由来・語源

鏡開きの「開き」は、「割る」の忌み言葉。
もとは武家社会の風習が一般化したもので、「切る」ことを避け、刃物で切らず手や木槌で叩いて割られるため「鏡割り」とも言うが、「割る」も縁起が悪いため、「開き」という縁起の良い言葉が使われるようになった。

一般的には、年神(歳神)へのお供えが松の内(1月7日)に終わったあとの1月11日に行われる。松の内を15日とする地方では、鏡開きを15日または20日に行う。また、京都では1月4日に行われる。
忌み言葉 宗教上の理由や、不吉なことや否定的な意味を連想させるとして、使用を避ける言葉のこと。またその代わりに用いる言葉。

鏡開きに関連する言葉

カテゴリ:行事・風習