鎬を削る しのぎをけずる

同じ目標に向かって、互いに激しく争うこと。

鎬を削るの由来・語源

「鎬」は、刀の刃と峰のとの境界で、高くなった部分のこと。激しい斬り合いをしたときに、互いの鎬が強くこすれて削れることからたとえていうもの。
本来は、剣を使った戦いをいったが、のちに力のこもった熱戦を表すようになった。

鎬を削るに関連する言葉

カテゴリ:社会