金星 きんぼし

優勝候補と見られている強い相手に勝つこと。大きな手柄。

金星の由来・語源

もとは、相撲で、平幕の力士が横綱を倒すことをいい、そこから一般に大手柄の意味で用いられるようになった。ちなみに、ふつうの勝ちは「白星」といい、横綱は特別であることから「金星」という。

金星に関連する言葉

カテゴリ:スポーツ