道草を食う みちくさをくう

目的地に行く途中で寄り道をしたり、遊んだりすること。

道草を食うの由来・語源

馬が道端の草を食べて、先に進もうとしないことからたとえていうもので、鎌倉時代の『吾妻鏡(あずまかがみ)』ですでに比喩としての記述がみられる。
カテゴリ:人間