見得を切る みえをきる

ことさら自分を誇示するような態度をとること。

見得を切るの由来・語源

「見得」は歌舞伎で、役者が感情の高まりを示すために、一瞬動きを止めて、目立った姿勢や表情をすることで、その所作を「見得を切る」という。その様子がいかにも大げさなことから、一般的に比喩として用いられる。
「見得」は当て字で、本来は「見え」。つまり見えるさま、外観の意味。
カテゴリ:文化