血祭りに上げる ちまつりにあげる

戦いの初めに威勢よく最初の相手を片付けること。転じて、相手をひどい目にあわせることのたとえ。

血祭りに上げるの由来・語源

「血祭り」とは、古代中国で出陣の際、いけにえを殺してその血で軍神を祭る「血祭(けっさい)」に由来する。日本では中世に現れ、おもに戦いの初めに敵の1人を殺して士気を高めるときに使われた。
「血祭りに上げる」の形は昭和になってからで、近年は転じて単にひどい目にあわせる意でも用いられる。
カテゴリ:社会