花王 かおう

洗剤や化粧品を中心とする化学メーカー。

花王の由来・語源

明治時代初期には洗濯用の石鹸を「洗い石鹸」、洗顔用のものを「顔洗い」と呼んでいた。その顔洗いを国産化し、普及させたのは1887年(明治20年)創業の長瀬商店の長瀬富郎で、「かお(顔)」の当て字として「花王」を用い、1890年に「花王石鹸」を発売した。社名は「花王石鹸」を経て、1985年(昭和60年)、現社名に改称された。
カテゴリ:社名・商品名