自業自得 じごうじとく

自分の行為の報いを自分自身が受けること。一般に、悪業の報いを受けることにいう。自業自縛。

自業自得の由来・語源

自業自得とは、本来は仏教語で、一切の事象を原因と結果で説明する仏教の基本的な考え方に基づいている。
「業」は行為の意で、「自業」はみずからの行為のこと。「自得」はみずから受けることの意を表す。したがって、善い行いには善い報いを受け、悪い行いには悪い報いを受けるというように、元来は善悪どちらの意味もあるのだが、現在では悪い意味で使われる場合が多い。
カテゴリ:四字熟語