笠に着る かさにきる

権威のある者を頼んで、大きな態度を取ること。また、自分の権威を利用して他人に圧力をかけること。

笠に着るの由来・語源

「笠」はスゲやカヤなどで編んだ、雨や雪、日差しを防ぐためにかぶるもの。その頭にかぶる笠を権力者の庇護、また、自分の権威の有り様に見立てていうもの。

笠に着るに関連する言葉

カテゴリ:人間