立錐の余地もない りっすいのよちもない

人や物が密集していて、わずかの隙間もないこと。

立錐の余地もないの由来・語源

木に穴をあける道具の錐(きり)の細い先すら立つほどの、ごくわずかな余地すらないという狭い土地のたとえから、転じて人や物がぎっしりと詰まって隙間のない状態を表すようになった。
出典は、中国の『史記』の「呂氏春秋」為欲からで、「いまや秦(しん)は六国(りっこく)の子孫を滅ぼして、立錐の地さえないようにした」に基づく。
「立錐の地なし」とも言う。
カテゴリ:様相