稽古 けいこ

武芸や芸事を習うこと。練習すること。

稽古の由来・語源

「稽」という字は考えるという意味をもっており、「稽古」とは本来「古(いにしえ)を稽(かんが)える」「昔のことを考え調べてどのようにすべきかを正しく知る」といった意を表す漢語であった。
ここから、書を読んで学問する、学ぶの意が生じた。
さらに、芸能や武術を学んだり習うことにも「稽古」が用いられるようになり、学問以外の意味でも使われるようになった。
カテゴリ:人間