秋波を送る しゅうはをおくる

女性が異性の関心をひくために色目を使うこと。

秋波を送るの由来・語源

「秋波」とは秋のころの澄んだ並みのことで、転じて、美人の涼しげな目元、また、媚びをあらわす色っぽい目つきをたとえていわれるようになった。
古くは、中国の詩人で、唐の李白や宋の蘇軾(そしょく)の詩のも詠まれている。
カテゴリ:人間