矢も盾もたまらない

思い詰めて、こらえることができない。気持ちがはやってじっとしていられないこと。

矢も盾もたまらないの由来・語源

矢で攻めても盾で防いでも、勢いを止めることができないようすから、一途に思いつめて、自分の気持ちを抑えきれないたとえに用いられるようになった。
カテゴリ:様相