真っ向 まっこう

真正面。「真っ向勝負」などと使う。「真っ甲」とも書くが、ともに当て字。

真っ向の由来・語源

この語はほかに、額の真ん中や兜(かぶと)の鉢の前正面の意があり、ここから真正面の意で用いるようになったとされる。
この「真っ向」は冠や烏帽子(えぼし)に紅の絹で鉢巻きをして後ろで結んだ「まっかく(抹額)」が音変化したもの。
カテゴリ:人間