目一杯 めいっぱい

最高限度まで。精一杯。

目一杯の由来・語源

「目」は、はかりの目盛りのことで、「目一杯」は目盛りギリギリいっぱいまでという意味。はかり売りの場合、売り手はできれば少なく、買い手は少しでも多く、というわけで、両者の心理的な駆け引きがうかがえる。
カテゴリ:様相