画竜点睛 がりょうてんせい

物事を完成するために、最後に加える大切な仕上げのたとえ。また、物事の最も肝要なところのたとえ。「画竜点睛を欠く」といえば、肝心なところが抜けているために、全体が引き立たないこと。

画竜点睛の由来・語源

「睛」は「ひとみ(瞳)」で、「点睛」は動物の絵を描き、最後に瞳を入れて完成させることを意味する。
梁(りょう)の絵の名人張僧ヨウが、金陵の安楽寺の壁に竜の絵を描き、最後に瞳を描き入れたら、たちまち竜が天に昇ったという、『歴代名画記』にある故事にちなむ。

画竜点睛に関連する言葉

カテゴリ:四字熟語