満を持す まんをじす

準備を十分にして機会を待つこと。

満を持すの由来・語源

「満」とは、弓をいっぱいに引きしぼったさまで、「持す」は状態を長く保つ意。すなわち、目標に向かって弓を引きしぼったままの状態で矢を放たずに待つこと。そこから、準備を完全にして好機の到来するのを待つ意に転じた。
出典は中国『史記』の「越王勾践世家」の「満を持する者には天の助けがある」という故事に基づく。
カテゴリ:様相