浮世 うきよ

世の中。世間。

浮世の由来・語源

もとは「憂き世」で、つらいことの多い世の中の意。「憂き」はつらい、苦しい意の形容詞「憂し」の連体形。
中世に仏教の影響もあり、この世ははかなく無常なものとされ、また、同義の漢語「浮生(ふせい)」「浮世(ふせい)」の影響もあったと思われる。
室町時代には水面に浮くように不安定な世の中の意で、「憂き」に「浮」を当てた「浮世」の表記がみられるようになる。
江戸時代になると、「はかない世の中であれば浮かれて暮らそう」という、現世を肯定した世間観が生まれ、享楽的な意味合いが強くなっていった。
カテゴリ:社会