法被 はっぴ

祭などの際に着用し、また、職人などが着用する印半纏のこと。半被とも。

法被の由来・語源

「はっぴ」は、古代の正装である束帯(そくたい)のときにつける「半臂」(はんぴ)に由来するとされる。半臂は、袖丈が短く、臂(ひじ)のあたりまでであることにちなむ。
「法被」の字は、高僧が座る椅子の背もたれに掛ける布のことを「法被(はっぴ)」というが、衣服の法被と全く関連がないことから、単なる当て字と見られている。
カテゴリ:生活