油を売る あぶらをうる

無駄なおしゃべりをして、仕事を怠けること。

油を売るの由来・語源

江戸時代、油売りが柄杓で容器に移すとき、油がゆっくり垂れて最後の一滴が切れるまでに時間がかかり、その間に客と世間話をしているところが、いかにも仕事を怠けているようにみえたことから。

油を売るに関連する言葉

カテゴリ:社会