水入らず みずいらず

近い親族や身内の者だけで集まっていること。「親子水入らず」「夫婦水入らず」などと用いられる。

水入らずの由来・語源

質が異なりしっくり溶け合わないことを「水と油」というが、油に水が入らないことに、親しいものばかりが集うことをたとえたことば。
また、親しい間柄なのによそよそしいさまを「水臭い」という。もともとは食べ物の味が薄く、水っぽいことをいったが、それが情愛が薄いことに転じて用いられたもの。

水入らずに関連する言葉

カテゴリ:社会