正鵠を射る せいこくをいる

核心をつく。物事の急所を正確に押さえる。

正鵠を射るの由来・語源

「正」「鵠」とも的の中心を意味する。「正鵠」という言葉は古代中国で生まれ、的の中心の意から、物事への核心の意に転じた。
明治時代には「正鵠を得る」の形で核心をつく意を表し、昭和に入ると、「正鵠」に的の中心の意があることから、「正鵠を射る」の形が生まれた。

正鵠を射るに関連する言葉

カテゴリ:社会