やぐら

木材や鉄骨を組み立てた高い構築物。遠くを望むための火の見櫓、広場の中心に仮設する盆踊りの櫓、太鼓の櫓などがある。

櫓の由来・語源

古くは「矢倉」であり、矢を納める倉の意。これが転じて、城壁や城門の上に設けて、外敵を監視したり矢を射たりするとこをの意に用いられるようになった。
カテゴリ:生活