権化 ごんげ

性質・観念などが人間の形をして現れたかと思われる人。その特性の典型と思われる人。「悪の権化」など。

権化の由来・語源

本来は仏教語で、仏や菩薩が衆生を救うために仮の姿でこの世に現れること、また、その姿のことをいう。そこから転じて、用いられるようになった。
「権」は「仮」の意。日本では神についても使われる。「権現(ごんげん)」も同じ意。
カテゴリ:人間